2009年02月23日

002:一日(やましろひでゆき)

あたし今日一日組長になりました。早速これからカチコミかけます。
posted by やましろひでゆき at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

夜はぷちぷちケータイ短歌「短」

父親によく似て短気な兄さんを案じる母の短い手紙

藤岡弘、さん選。本郷猛に選んでいただいて感無量。むー。でも、今週のお題「コーヒー」で投稿したほうが自分では好きだったのだすがのう。まあえてしてこんなもんですね。
posted by やましろひでゆき at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

001:笑(やましろひでゆき)

家中の笑ひ袋をかき集め父帰る日の準備整ふ
posted by やましろひでゆき at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 題詠blog2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

笹短歌ドットコム「UMA」

畑から帰る途中でばちへびに遭ひ弟を身ごもりし母

哀愁の一首劇場^^;今回は旧かなに挑戦してみましたが、それ以前の問題でした。でも楽しかったのでよしとして、反省して次回もがんばりますわ。
posted by やましろひでゆき at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はぷちぷちケータイ短歌「短」

長い髪ばっさり切った君は「これもダイエットだよ」といって笑った

何だか久々にとってもらったような……。これは実話ですね。色っぽい話でもなくて、そのあとに「だいたい700グラム減った」「じゃあココイチで普通に食べるご飯の3倍くらいだ」なんて会話でオチがついたのでしたw
posted by やましろひでゆき at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

[題詠blog2009]に参加します(やましろひでゆき)。

今年はどんな縛りで走りぬけようか、寝ていてふとひらめいたものはあるものの……御題はこれから拝見いたします♪楽しみ楽しみ。

よろしくお願いします♪
posted by やましろひでゆき at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

笹短歌ドットコム「店屋・店名」

駅前のセブンイレブンがある日突然ポプラに変わったような衝撃

あの書店の作家志望の店員が書いたポップの文字ははみだす

まだまだ採用率は5割か。もっとあげたい。それにしても今回のお題も難しかった。次はUMAです。

posted by やましろひでゆき at 11:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

穂村弘「短歌ください」

自動改札機に挟まれ死ぬ夢を見た日の切符に異国の文字が

お題は「機械の歌」でした。それにしてもこれだけリズムの悪い歌をよくとっていただいたものだと感謝にたえません。読むときは句またがりとか嫌いなくせに、詠むだんになるとあえて句またがりをしてしまうというのはどんな心性なんでしょうか?
posted by やましろひでゆき at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

夜はぷちぷちケータイ短歌「冬」

吐く息が白くてもこもこする朝はキミといっぱいおしゃべりしよう

八田亜矢子さん選。放映していたところは見れなかったのですが、読まれたようです。ここのところ31文字がなかなか詠めてませんが、そんな中で選ばれたことが嬉しいです。
posted by やましろひでゆき at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

題詠blogマラソン2008感想023:用紙

TB248まで。

木下奏(ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
社内にてコピー用紙を探したら見つけてしまった運命の人

この何気ないシチュエイションでの「運命」にクラクラ。

穴井苑子(猫のように純情)
いろいろな専用用紙がありますね いろんなひこうきができますね

この並列はとても当たり前なのに何だか無性に可笑しい。

松下知永(題詠ショコラ)
いくらでも冷たくなれる真夜中にFAX用紙はカールして出る

前半がずるいなあ。というか、上手だなあ。

磯野カヅオ(その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
ゆくりなく買ふおとな用紙おむつ選ぶよすがに着けてもみれば

ポイントは「ゆくりなく」ですか。うむ、これが見事なフックに。

しろうずいずみ(花と石ころ)
高機動半自立型低火力局地戦用原稿用紙

そんな原稿用紙があったら見てみたいw使いたくはないww

「用紙」という言葉自体のイメージがかなり狭くって、全体的にいってもかなり難しいお題だったような気がします。ワタクシの場合は何だかどうでもいいような歌になってしまいました。
posted by やましろひでゆき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。