2009年09月23日

夜はぷちぷちケータイ短歌「残」

人生の残り時間を考えて焦ってみるけどすぐに忘れる

だいたひかるさん選。鳥頭なので。
posted by やましろひでゆき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

短歌的日乗「11番目の素数」第4回

連続です。珍しい。

最近、短歌関係のサイトに次々と参加しました。

ひとつは「うたのわhttp://utanowa.net/であります。まだ歌会などには参加しとらんのでして、しこしこ一人でアップしています。今まで自分は兼題がないと詠めないのか、と思ってましたが、意外とさくさく出来てます。出来の如何は別問題。

もうひとつが枡野浩一さんの「短歌塾」です。枡野さんの公式ブログ「枡野書店http://masuno.de/blog/で知りまして、もう迷わず参加することにしました。ネットで今のように短歌を詠むようになった「かんたん短歌bloghttp://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/と合わせて、このブログは更新されないときも時々チェックしてましたが、むー、いやー、チェックしててよかったっす。

この短歌塾は当面、会員専用のSNSで展開していくようです。そのSNSはいずれ一般にも公開する予定のようであります。宿題50首について、枡野さんがひとつひとつ判定(といっていいのかな?)を下していくようであります。愉しみでありますことよ。
posted by やましろひでゆき at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短歌的日乗「11番目の素数」第3回

そんなわけで辻井竜一歌集「ゆっくり、ゆっくり、歩いてきたはずだったのにね」を拝読いたしました。

「夜はぷちぷちケータイ短歌」で一躍その名前を世に知らしめた辻井さんであります。ご本人のプロフィールやら短歌サミットのコラムやらでパンクロッカーであることを表明されておりますが、意外にもその短歌はきっちり57577のリズムを守っていますし、内容的に(いや、裏に深い含意があるとしても)「」(寝てるときにみるやつじゃない方の)を詠った或る意味非常に前向きなものが多いですねえ。

でもパンクスって自分以外のすべての人間の予想(あるいは理解)を裏切るところにその真骨頂があるのではないか、とワタクシ思いますので、これはパンクスとしては正しい歌集なんだと思います。なんて理解をしめしたら途端に短歌やめちゃうかもしれませんね。

総務課の田中は次の一目惚れまでお休みをいただいてます 辻井竜一
いつの間に出来たんだろう新しいラストシーンが駅前にある
翌朝の後悔なんてまやかしだ今の僕だけ常に正しい
お別れに君に贈った花の名を忘れた頃にまた会いましょう
もう二度と会わないなんて決めたっけまあその件はまたの機会に
posted by やましろひでゆき at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

笹短歌ドットコム「海」

いづくより流れ来るか大量の医療廃棄物とひとりの女
波の音のきこえぬ夜に啜り泣く女に増えるワカメ食わせん
月の夜にやうやく浜に出てみれば島までの道現れてをり
魚臭き納屋より聞こえくる声は人には発音できぬ音霊(おとだま)
臓物(はらわた)をむさぼられつつ海原より旧き神々の勝ち鬨を聞け

初めて5首全部とっていただきました!ワタクシにとっては快挙です。前回「UMA」から試みている「旧かな」「5首連作」という形は、ワタクシにはあっているのかもしれません。といっても、この方法を試みているのはこの「笹短歌ドットコム」だけですが。夜ぷちでも試してみますかねえ。
posted by やましろひでゆき at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

かとちえの短歌色物語「紺碧」

青ざめた夜にひとりは駄目だよと君は小さな手をさしだした

加藤千恵さんの短歌投稿ページもこれで最後。ワタクシの歌が何とか採用されたことについていえば最後の出血大サービスという感じですかねえ。どうもワタクシ、毎回投稿しながら自分が場違いなんではないか、という風な思いを抱き続けておりましたですよ。それでも丁寧に読んでくださる加藤さんに甘えて投稿を続けておりましたが。まだまだ31文字のリズムが体に叩き込まれていないダメなワタクシです。
posted by やましろひでゆき at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

夜はぷちぷちケータイ短歌「疑い」

ちょっとでも疑いだすときりがなくて耳をふさいで微笑んでいる

だいたさん選。
posted by やましろひでゆき at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

短歌的日乗「11番目の素数」第2回

前回からほぼ2ヶ月すぎてしまいました。あれから特別書くようなことはないですねえ。投稿は相変わらずやっております。そういえば笹短歌ドットコム、久々に投稿間に合いました。二回くらい間に合わなかったのですよ。というか、な〜んも思いつかなかったのですが。

以前センチメンタルTANKERで採用された歌の賞品ということで、短歌サミット実行委員長・辻井竜一さんの歌集「ゆっくり、ゆっくり、歩いてきたはずだったのにね」をいただきました。「夜はぷちぷち」で一躍その名前を天下に知らしめた「総務課の田中」シリーズも収録されております。

これからじっくり読ませてもらいますです。
posted by やましろひでゆき at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

夜はぷちぷちケータイ短歌「クラス会」

クラス会に過剰な期待は禁物と兄は遠くを見ながらいった

ゲストのオアシズさん選。
posted by やましろひでゆき at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はぷちぷちケータイ短歌「しぐさ」

あの人が見てると思うそれだけで歩く不自然Mr.ギクシャク

だいたさん選。後半のなんともいえないきつきつ感がいやといえばいや。
posted by やましろひでゆき at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

夜はぷちぷちケータイ短歌「大喜利」

客席にお医者さんはいらっしゃいませんか?病院探してここまで来ました。

お題は、会社をさぼっていったイベントの100万人目の入場者として舞台にあげられたとき、なんというか?というものだったと思います。久々に番組内で読まれたのでした。やはりだいたさんはいい人です。
posted by やましろひでゆき at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。