2009年08月27日

かとちえの短歌色物語「紺碧」

青ざめた夜にひとりは駄目だよと君は小さな手をさしだした

加藤千恵さんの短歌投稿ページもこれで最後。ワタクシの歌が何とか採用されたことについていえば最後の出血大サービスという感じですかねえ。どうもワタクシ、毎回投稿しながら自分が場違いなんではないか、という風な思いを抱き続けておりましたですよ。それでも丁寧に読んでくださる加藤さんに甘えて投稿を続けておりましたが。まだまだ31文字のリズムが体に叩き込まれていないダメなワタクシです。
posted by やましろひでゆき at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やましろさん、こんにちは!

最後、ご一緒できてよかったです。
なんか、かとちえさんのところに投稿すると、心がピュアになるんですよね……(笑)
もう投稿できないとおもうとやっぱり寂しいですね。

でも、かんたん短歌blogの再開はうれしいニュースですね。
Posted by 岡本雅哉 at 2009年09月01日 14:46
そうですねえ、淋しくなります。

そしてかんたん短歌ブログ再開は本当に嬉しいですね!でもそれを知ったのは俳句関係のサイトなんですが……^^;
Posted by やましろひでゆき at 2009年09月01日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。