2009年07月05日

かとちえの短歌色物語「黒檀」

だんだんと体がとけてゆくような新月の闇に二人で散歩

久々にとっていただきました。感激。もう本当に詠めなくて、出すのギリギリになったのでしたよ。「黒檀」というのが難しくて……。長野の善光寺の胎内めぐりがひとつのヒントになったのですねこれ。
posted by やましろひでゆき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122883471

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。