2008年11月16日

題詠blogマラソン2008感想022:低

TB251まで。

たちつぼすみれ (花・鳥・風・月)
木漏れ日をあまねく吸ひて下草は低きところに棲む術を持つ

「あまねく吸ひて」というところがいいですねえ。

柚木 良(舌のうえには答えがでてる)
外角の低めを広くとるひとも産まれたときは祝福された

このニッチな視点が素晴らしい。

川瀬菜穂 (あしたのわたしは)
テンションが低い日はダメだよねって だったらいつだったらいいのよ

後半のリズムの綱渡り感とかビリビリきます。この不安定な感じ。

村上きわみ(北緯43度)
低温で保存しましょうよいこからこぼれた水はきっとよい水

皮肉なのか牧歌的なのか、その見極めが難しいところが魅力的です。

haruko(森のぬくもり)
高ければ背伸びをするし、低ければ、かがめばいいから問題ない

いかようにもとれる歌ですね。その懐の深さが素敵。

低空飛行、低血圧、背が(鼻が)低い、低音というのが多かったのは当然かもしれません。歌の世界が思ったほど幅広くならなかったような気がするのは、やはりお題のイメージでしょうか。
posted by やましろひでゆき at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。