2009年08月27日

かとちえの短歌色物語「紺碧」

青ざめた夜にひとりは駄目だよと君は小さな手をさしだした

加藤千恵さんの短歌投稿ページもこれで最後。ワタクシの歌が何とか採用されたことについていえば最後の出血大サービスという感じですかねえ。どうもワタクシ、毎回投稿しながら自分が場違いなんではないか、という風な思いを抱き続けておりましたですよ。それでも丁寧に読んでくださる加藤さんに甘えて投稿を続けておりましたが。まだまだ31文字のリズムが体に叩き込まれていないダメなワタクシです。
posted by やましろひでゆき at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。