2009年06月11日

夜はぷちぷちケータイ短歌「無」

無味無臭無色透明無限大無芸大食是無問題

笹師範に取っていただいたのでありました。こういう、リズムだけで読ませるようなものは詠んだ瞬間は何となく気持ちいいんだけど、どうも後で読み直すと薄っぺらい感じがします。自分の作品だからでしょうかねえ。
posted by やましろひでゆき at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。