2008年11月17日

題詠blogマラソン2008感想023:用紙

TB248まで。

木下奏(ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
社内にてコピー用紙を探したら見つけてしまった運命の人

この何気ないシチュエイションでの「運命」にクラクラ。

穴井苑子(猫のように純情)
いろいろな専用用紙がありますね いろんなひこうきができますね

この並列はとても当たり前なのに何だか無性に可笑しい。

松下知永(題詠ショコラ)
いくらでも冷たくなれる真夜中にFAX用紙はカールして出る

前半がずるいなあ。というか、上手だなあ。

磯野カヅオ(その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
ゆくりなく買ふおとな用紙おむつ選ぶよすがに着けてもみれば

ポイントは「ゆくりなく」ですか。うむ、これが見事なフックに。

しろうずいずみ(花と石ころ)
高機動半自立型低火力局地戦用原稿用紙

そんな原稿用紙があったら見てみたいw使いたくはないww

「用紙」という言葉自体のイメージがかなり狭くって、全体的にいってもかなり難しいお題だったような気がします。ワタクシの場合は何だかどうでもいいような歌になってしまいました。
posted by やましろひでゆき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はぷちぷちケータイ短歌「秘密」

棺桶に持ってけるだけ持ってくから 生きてるうちに何でもいってよ

斎藤斎藤さん選。久しぶりに番組で読んでもらったのでした。ありがとうございます。
posted by やましろひでゆき at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。