2008年11月17日

題詠blogマラソン2008感想023:用紙

TB248まで。

木下奏(ブログ・キ・カーデ - 木下奏 blog)
社内にてコピー用紙を探したら見つけてしまった運命の人

この何気ないシチュエイションでの「運命」にクラクラ。

穴井苑子(猫のように純情)
いろいろな専用用紙がありますね いろんなひこうきができますね

この並列はとても当たり前なのに何だか無性に可笑しい。

松下知永(題詠ショコラ)
いくらでも冷たくなれる真夜中にFAX用紙はカールして出る

前半がずるいなあ。というか、上手だなあ。

磯野カヅオ(その時の主人公の気持ちを三十一文字で述べよ。)
ゆくりなく買ふおとな用紙おむつ選ぶよすがに着けてもみれば

ポイントは「ゆくりなく」ですか。うむ、これが見事なフックに。

しろうずいずみ(花と石ころ)
高機動半自立型低火力局地戦用原稿用紙

そんな原稿用紙があったら見てみたいw使いたくはないww

「用紙」という言葉自体のイメージがかなり狭くって、全体的にいってもかなり難しいお題だったような気がします。ワタクシの場合は何だかどうでもいいような歌になってしまいました。
posted by やましろひでゆき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はぷちぷちケータイ短歌「秘密」

棺桶に持ってけるだけ持ってくから 生きてるうちに何でもいってよ

斎藤斎藤さん選。久しぶりに番組で読んでもらったのでした。ありがとうございます。
posted by やましろひでゆき at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

題詠blogマラソン2008感想022:低

TB251まで。

たちつぼすみれ (花・鳥・風・月)
木漏れ日をあまねく吸ひて下草は低きところに棲む術を持つ

「あまねく吸ひて」というところがいいですねえ。

柚木 良(舌のうえには答えがでてる)
外角の低めを広くとるひとも産まれたときは祝福された

このニッチな視点が素晴らしい。

川瀬菜穂 (あしたのわたしは)
テンションが低い日はダメだよねって だったらいつだったらいいのよ

後半のリズムの綱渡り感とかビリビリきます。この不安定な感じ。

村上きわみ(北緯43度)
低温で保存しましょうよいこからこぼれた水はきっとよい水

皮肉なのか牧歌的なのか、その見極めが難しいところが魅力的です。

haruko(森のぬくもり)
高ければ背伸びをするし、低ければ、かがめばいいから問題ない

いかようにもとれる歌ですね。その懐の深さが素敵。

低空飛行、低血圧、背が(鼻が)低い、低音というのが多かったのは当然かもしれません。歌の世界が思ったほど幅広くならなかったような気がするのは、やはりお題のイメージでしょうか。
posted by やましろひでゆき at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

題詠blogマラソン2008感想021:サッカー

TB262まで。すでに競技は終了しているので、このお題以降はこの数字を越えることはないのでしょう。

滝音 (みそひともじの味噌スープ)
足だけの不自由な競技人気ありココロのさまとふと似るサッカー

前半の視点が面白かったのでした。

haruko (森のぬくもり)
チャンネルをあらそうことなくきみとただサッカーをみる(しろくろのあれ)

最後のカッコ内の言葉のつなげかたですねえ、面白いなあ。

しろうずいずみ (花と石ころ)
サッカーのボールでいたい あなたから追いかけられて蹴られてもまだ

ほっておかれる、というのではないのが新鮮でした。まあ傷つけられる、ということなんでしょうが。

水風抱月 (朧月夜に風の吹く。)
小さくも守るに広きサッカーのゴールのようなわたくしの傷

こういう風な喩えを最後でわからせるところが素敵。

伊藤なつと (やわらかいと納豆2008)
サッカーの静岡予選を勝ち抜いてここまできました 泊めて下さい

ああ、この着地点は思いつかなかった……!

サッカーは本当に難しかったですねえ。ほとんどがスポーツとしてのサッカー、布地の種類、あとは英語でいう罵倒言葉「コックサッカー」ですか。むむむ。
posted by やましろひでゆき at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

題詠マラソン2008:100首一覧

001おはようからおやすみまでに口を出すあの百獣の王を何とかしたい
002次行ってみよう次とえらそうにまとめるなダメだこりゃなのはお前の方だろ
003理由なき十代を過ぎ二十代などの記憶もない四十代
004塩沢トキのような頭にしたいという母を説得する雛の夜
005放送部の歴代部長の故意のミス全校生徒が聞く「告白中」
006ドラマツルギーなる言葉乱発し自滅していくワシ演出家
007壁塗りに命をかける父がいて壁紙はがす母はすでになし
008守護神はお前と指差すその指をまるごとくわえてみたい夜だよ
009会話してセックスをして会話してまたセックスをする恋人ぼくら
010「蝶々の纏足」ふいに放り出しふらふらしながら夕餉の買い出し
011除外される前に大声張り上げて「列外へ列外へ!さあ列外へ!」
012ダイヤのヤをついついアとしかいえなくていやなあせばかりかいているなア
013優生学極めた祖父の骨壷の底に光るもののあるとか
014泉湧くように世界に人々が溢れ先頭には泉ピン子
015アジアンのネタを収録したテープ泣きながら起こす仕事をしている
016%(パーセント)の文字0分の0に見えそれはゼロなの?それとも無限大?
017頭蓋骨の音聴くために頭突きする大木金太郎対ボボ・ブラジル
018集団が苦手だと意気投合してたちまち作る苦手な集団
019豆腐ハンバーグを作り黙々と親のかたきのように平らげる
020鳩居堂にふらりと寄って香をみる加齢臭などどこ吹く風で
021サッカー部の温和なあいつが切れたのはただ一度だけコックサッカー
022低いのは体温だけではないのです血圧も背も自給も鼻も
023用紙トレイのB5の紙が切れていてトイレの紙は潤沢にある
024「岸壁の母」が十八番のわが姪はツンデレでもありダンサーでもあり
025あられなき姿になった方が勝つそんな試合はもうやめようボクら
026基隆(キールン)へも一度帰りたいと泣き握りしめてる子供銀行券
027消毒の好きなあいつと会うごとにどんどん汚くなっていくオレ
028供花探し疲れてなおも歩いている墓など持たぬあの人のため
029杖立の温泉地までバスに乗り杖捨ててくるだけの贅沢
030湯気の波線を頭上に描いてやる怒った顔がわかりにくいから
031忍冬(にんどう)の花くわえては印結びこれぞ忍法忍ぶ恋なり
032ルージュとはフランス語だといってみるルーもルクスもルポルタージュも
033すいかするかがみにむかってすいかするおまえはだれだおまえはだれだ
034岡持ちをプレゼントされてひとしきり出前してきてから怒ったり
035過去のない男を気取るわれらこそいわずとしれた鳥頭隊
036船頭が何人いるやら阿呆船歩いていこうという奴までいて
037Vの字に上がった足がゆっくりとMに移行す長い春の夜
038有象無象のやつばらにまじり声あげる異端のつもり孤高のつもり
039王子祭開催中の当店に足りないものは一般人のみ
040粘菌の標本の山積み上げてからりと笑う米寿の祖母よ
041「存在の耐えられない軽さ」はいつだって貸し出し中で予約が百人
042「鱗姫」の奥付のそばに書き込まれた小さくかすれたSOSの文字
043宝くじ売り場の地下に掘られたるおばちゃんたちの秘密の社交場
044「鈴木先生」買ってきたまま本棚の上にほおって意識している
045楽譜など読めないけれど音の色はきれいに見えると微笑む岳父
046設定はいかがします?とフラットな声と姿態で夜毎聞く君
047ひまわりの種食べながら君の声鸚鵡になって繰り返してみる
048凧あげも羽根つきもせぬ正月は昏睡のように寝倒して終る
049礼服の中身とともにくたびれて不吉な黒に包まれている
050確率論幸福論と語りきて性愛論までいかぬ宴の果て
051「熊祭(イヨマンテ)の夜」がなりたて宴会場あとにしたまま消え去りし友は
052考えることなど何もないだろと熟考してきた赤い目でいう
053キヨスクとドンキの袋を見比べて迷った末に二重にして使う
054笛吹市出身だとは最期まで隠していたな横笛奏者
055乾燥に強い種だからとだまされていやだまされたふりで受け取る
056悩ましき課題を前に親指の爪をかみつつステップを踏む
057パジャマだけ豊富に持っている彼は引きこもりだが毎日着替える
058帽子屋の夫婦の家は学校の裏にしっかり隠してあるよ
059ごはんミュージアムに入って三日目にさまようごはんぢゃワンの姿
060郎の字がオレだけ違うそのわけは?一郎二朗三郎四郎
061@と全角で全力でいれてみる無理矢理君に伝える気迫
062浅草の雷門の対面のデニーズでずっと待っているんだ
063スリッパを忘れてきたのでもう一度ウチに帰ると裸足の少女
064可憐という源氏名だとは知らなんだ何故か途端に足が遠のく
065眩暈からはじまる今日の運勢はやぶれかぶれであたってくだけろ
066ひとりごとひとごとのよにくっちゃべるひごとよごとのよまいごとなり
067葱畑耕す人は去年から影がうっすらしてきた頃合
068踊らずにいられないから踊る君それを見ずにはいられないボク
069呼吸法勉強しているお隣の老夫婦励む夜の営み
070籍入れる書類の本籍地の欄にミッドガルドと書き怒られた
071メールマガジン届いたら即印刷ファイルにとじて未読のまんま
072緑魔子と石橋蓮司の芝居見に廃銭湯まで手拭さげて
073寄る年波金波銀波を乗り越えてカメカメ波ならちっとは出せる
074銀行に奉職四十年になる叔父の自慢のトマソン研究
075量産型ザクがいいのとキラキラと目を輝かせ夢見る乙女
076ジャンプしてみ?優しく諭す怖い人じゃらじゃらポケットの古銭が歌う
077横のもの縦にもしないが裏返すくらいのことはしてみるかもね
078合図するあいつとは相通じるものがあるんだ熱い会津士魂
079児童館脇の小道をとぼとぼと子供の声は嫌いではない
080Lサイズ専門店が立ち並ぶ都内某駅前商店街
081嵐なら誰の位置って聞かれても光GENJIすらわからないのに
082研ぎ澄ますベーゴマの縁必殺のガチンコ勝負前夜の儀式
083名古屋式バックドロップ炸裂しあえなくマットに沈むわが父
084球体関節人形に見惚れ果てわが関節の半月板損傷
085うがいいと口の形を褒められて悪い気もせず嬉しくもない
086恵方巻き途中で帯を解かれては回転しつつ食べ終える人
087天使税申告期限ギリギリに役所に駆け込むボクに黒い尻尾
088錯覚ですでに何日目になるかエッシャーの絵に似た祖父の点滴
089減量に失敗したボクサーのよにヨダカが歌う空に月と星
090メダルゲーム一筋の彼は会社では五百円貯金中途で断念
091渇水のニュースとともに甘やかな個室付き特殊浴場の思い出
092生い立ちをアリアに乗せて高らかに新宿区中央公園で謳え
093周波数合わせてみようとこめかみのツマミをひねる電波なナンパ
094「沈黙の戦艦」だけが延滞で返すに返せぬ春の夕暮れ
095しっぽがないついいましがた目の前を「しっぽがない」とつぶやき通る
096複数の彼や彼女と複雑に絡み合いつつ今日も生きるぞっ
097訴の文字のつくりの「ヽ」(てん)が物足りず「ヽヽ」(にこ)打ってみたら可愛くなった
098地下足袋のマドンナ現場に颯爽とニッカポッカのブランド寅壱
099勇気凛々瑠璃の色ボクたちはそのうち恍惚探偵団だな
100おやすみを何万回もいってきた夜毎日毎に生まれ変わるために
posted by やましろひでゆき at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五首選会参加

題詠マラソン2008に参加された中村成志さんの「はいほー通信 短歌編」http://blog.goo.ne.jp/0323_2006/ではじまった「五首選会」にすべりこみで参加することにしました。

自選5首

1「おはよう」
おはようからおやすみまでに口を出すあの百獣の王を何とかしたい

今回久々にマラソンに参加するにあたって、自分に課した縛りは「お題を冒頭に持ってくること」でした。「@」とか「%」とか非常に大変なお題はあったものの、この「おはよう」ではまだまだ意気軒昂だったことを覚えています。

33「すいか」
すいかするかがみにむかってすいかするおまえはだれだおまえはだれだ

全部平仮名の歌はもうひとつあって、その字面が非常に我ながら面白いな(内容ではなく^^;)と思ったのですが、まあそれだけのことだったような気がします。

83「名古屋」
名古屋式バックドロップ炸裂しあえなくマットに沈むわが父

これはもう、「名古屋式バックドロップ」という言葉を搾り出してきたことを自分で褒めてやりたい、と。こういう、追い詰められたときに出てくるなんだか意図しようとして出来ないナニモノカが非常に好きなんですね。ただ、後半が普通。

86「恵」
恵方巻き途中で帯を解かれては回転しつつ食べ終える人

こちらは絵が馬鹿馬鹿しいな、と。ちょうど3月だったし。本当にそれだけです。短歌を何だと思っているのでしょうかw

100「おやすみ」
おやすみを何万回もいってきた夜毎日毎に生まれ変わるために

ああ、綺麗に着地しようとしているな、といういやらしさがにじみ出ている歌ですね。色々と小細工はしつつも、結局一本筋の通ったことが出来なかったのが一番の反省点でした。

今のところお題をいただかないとなかなか31文字を紡ぐことができないので、来年もし題詠マラソンが開催されて参加することになったら、お題だけ(自分で作った縛りなし)で走りきれるようにがんばってみたいと思います。
posted by やましろひでゆき at 17:19| Comment(31) | TrackBack(0) | 短歌鑑賞(題詠blog2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

笹短歌ドットコム「日本昔ばなし」

なよたけのかぐやのほしいものリスト最後の最後にタケコプターが

十二支に猫が入ってない訳を教えてあげるからウチへ来ないか

「なよたけ」の歌は最後が「どこでもドア」でしたが、笹師範のアドバイスを受けて「タケコプター」に変えました。
posted by やましろひでゆき at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かとちえの短歌ストーリー「病院」

病室の沈黙がやたら怖くっていつも饒舌になるキミとボク

久々にとっていただいたのでした。やはり続けてないと、ね。
posted by やましろひでゆき at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。