2010年12月12日

夜はぷちぷちケータイ短歌「ラジオ」

恋をした 初めて作ったラジオからノイズまじりに聞こえた歌に

真夜中のラジオは不思議 友達だったり兄貴だったり


「恋をした」の歌の方は番組で紹介していただきました。まあなんというか、うーん。改めて見るとやはり難しいなあ。コンスタントに投稿することが出来るようになったのは、いいことだと思いますが、それは「飴とムチ」の「飴」の方だけの所為かもしれないと思うと複雑。とりあえず今の目標は「数」詠むことです。そうして出来ればその中で選んで投稿すること。実現できるかしらん。
posted by やましろひでゆき at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

4月以降の短歌

半年以上間があいてしまいましたが、覚えている限りの投稿短歌を。

「笹短歌ドットコム」
モニターに見入る子の短パンの中ふくらんでゆくポケットモンスター
父が買ひしコスモクリーナーDでさえカード地獄の母を救はず
神々の実在を問ふ賭けをして父は一家をなしたりといふ
神の捨て神の拾ひしものどもを我らも拾ひて捨てる黄昏
かの人は機械仕掛けの神のため二十四時間修理に走る
未確認飛行物体見た午後の当たりを抜いたスーパーボール籤
世の中にダイヤル式とプッシュ式 二種類の人がをりし頃かな
何もかも捨てたくなりし夜なればスターのテレホンカード差し込む
満員の車内に携帯電話出し人びとはみな自涜の姿勢
カマキリの尻からハリガネムシが出るやうにまれには外に出る我

「夜はぷちぷちケータイ短歌」
パジャマ着たままでどこまで出掛けられるか競い合う謎の青春
泣きながら「すいません!すっぱい試合して」頭下げるなそれは「しょっぱい」
ここちよき素敵な目覚め とまってるめざまし時計悪夢を告げる
「長らくのご愛顧感謝いたします」少しにじんだ「愛」の一文字

NHK短歌には投稿していません。まもなく復活予定。
posted by やましろひでゆき at 22:34| Comment(7) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

NHK短歌「愛の歌」

愛情を図る定規が違っててややちぐはぐな二人なのです

ついにNHK短歌入選。ほぼ同時期にNHK俳句の方も入選しましたが……撰者は加藤治郎さん。先々月にも佳作に入った歌ありますが、アップはのちほど。何しろテキストは立ち読みですます不心得者ですからw
posted by やましろひでゆき at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

短歌ください「日本」

ニッポニア・ニッポンのオスとニッポニア・ニッポンのメスが不幸な日本

おおお。誠にありがたいことです。久々に「ダ・ヴィンチ」買うかなw
posted by やましろひでゆき at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

NHK短歌三連発!

あやとりを教えてくれたあの人の棺にそっと吊り橋入れて
おさな子が歓声あげててのひらに受けし初雪見せにくるなり
亡き人の名前ばかりの立つ中にふと迷い子のごとき心地す

全部佳作。上から「遊びの歌」(加藤治郎さん選)、「器」(東直子さん選)、「名前」(米川千嘉子さん選)。米川さんには初めてとっていただきました。でもやはり文語調の歌は旧かなの方がかっこよいと思うなあ。
posted by やましろひでゆき at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

笹短歌ドットコム「一」

丑三つに一つ目小僧の訪(と)ふといふ少女の父に熟柿の匂ひ
一つ家の鬼女を産みたる母御前(ははごぜ)の手帖に赤き手形のありぬ
亡き耳で何を聞くやら芳一の消えぬ経文微光を放つ
この謎はとけたとひとりごちながら去りゆく君の名は金田一

丑三つの歌と芳一の歌は自分でも好きです。一つ家は最後まで悩んだなあ。うまく言葉がはまらなくて、なんとなく逃げたなあ。
posted by やましろひでゆき at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はぷちぷちケータイ短歌「裏切り」

父母の期待をすべて裏切った上で最後に父母看取る

久々に取り上げていただきました。石川美南さん選。父親はまだ存命ですし、母親の死に目にはあってないという親不孝者ですけどね。
posted by やましろひでゆき at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK短歌「靴」

靴ずれの痛みをずっとがまんしてあなたの「さようなら」を聞いていた

兼題は「靴」。東直子さん選。結句の字余り、確か「聞いてた」と数を合わせたような気がしたけれど、控えがないので確認できず。
posted by やましろひでゆき at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

東京タワー短歌展

昨年秋募集していたJ-WAVEの「東京タワー短歌」の展示会が東京タワーで1月18日から2月28日まで開かれます。

詳細↓

FMラジオ局J-WAVEと東京タワーは、2009年の11月から12 月にかけて、歌人の枡野浩一さんを選者にむかえ、東京タワーをお題に詠む『東京タワー短歌』を募集。わずか40 日ほどの募集期間でしたが、1727首もの力作が集まりました。
この度1月18日(月)から2月28日(日)まで東京タワーフットタウン3階にある「TOWER GALLERY」にて、『東京タワー短歌』展を開催することになりました。
この『東京タワー短歌』展では、J-WAVEで放送した21 首を含め、枡野浩一さんが「これは」と思った傑作75首を選んで展示します。また、会場には短歌ポストも登場し、来場者からも『東京タワー短歌』を募集します。※

 『東京タワー短歌』展 開催概要
 ■期間:2010年1月18日(月)〜2月28日(日) ※無休
 ■時間:10:00〜21:00(初日のみ15:00スタート)
 ■会場:東京タワー「TOWER GALLERY」(フットタウン3階)
 ■入場料:無料
 ■東京タワーホームページ http://www.tokyotower.co.jp/

●選者・枡野浩一プロフィール
ますの・こういち。1968年、東京タワーの見えない東京のはずれに生まれる。97年、短歌集『てのりくじら』(実業之日本社)でデビュー。06年、短歌が主役の青春小説『ショートソング』(集英社文庫)がベストセラーに。
http://twitter.com/toiimasunomo
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/
posted by やましろひでゆき at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笹短歌ドットコム「石」

悪しきもの石になりぬと我が妻のうすく笑ひし夏の夕かな
真夜中の逢瀬を好む女にて猫目石なる二つ名持ちぬ
石垣の隙間を出でし蛇(くちなわ)の妻を見てより忽然と消ゆ

笹師範の「3首とも怪異を詠んだ歌です。」というコメントがすべて、ですね。文語で歴史的かな遣い(旧字、まではなかなか難しいです。ネットだし)で行く、というのは他の投稿者との差別化、というよりは、自分への課題なのであります。ワタクシの中では(俳句もそうだけど)現代の口語を使うなら現代かな遣い、そうでなければ歴史的かな遣い、という線引きがありますです。まあどちらも好きなんですよ。
posted by やましろひでゆき at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。